すがブログ

自分の書きたいことをひたすら書いてます。

現場監督の仕事内容は?きつい?

世の中には住宅やアパート、マンション、商業施設等様々な建物がありますよね?


その建物や施設の建設をする際に必要不可欠な仕事である現場監督。


現場監督をやってみたい・・・でも仕事内容は?きついの?


と疑問を持たれている方もいると思います。


筆者自身、大手ハウスメーカーで現場監督として働いていましたのでその経験を元にして現場監督の仕事内容についてお話します。


f:id:sugariku:20211004233010j:plain

現場監督の仕事内容について


現場監督の主な仕事内容としましては


工程管理・品質管理・原価管理・安全管理の主に4つです。


順番に説明していきます。


主になる4つの管理

工程管理


工期内で工事を終えることが出来るように職人の手配、資材の手配を行います。


様々な工種の作業が行われるため、各業種が円滑に作業を進められるように工程を組む事が必要とされます。

品質管理


使用する材料が設計図書や仕様書通りのものか、釘やビスの固定ピッチは適切か等チェックします。


部位によっては写真におさめ、記録として残します。

原価管理


施工する物件の実行予算を作成し、管理します。各会社によって原価率等規定がありますがその規定内の予算で工事が完了するように材料や施工会社の手配を行います。

安全管理


作業員が安全に作業が出来るように作業設備を設置したり、作業計画書を作成して事故を防ぐよう努める必要があります。


又、作業当日の朝礼時に作業員の健康状態をチェックし場合によっては作業を休ませる等の判断も行います。


主な4つを挙げましたが実際には現場監督=現場責任者であるため仕事内容は多岐にわたります。


・工事期間中は悪天候になることもあるため、場合によっては作業員の安全確保のため作業中止の判断を行う。


・施主に対して工事進捗の連絡を行う。


・施工現場周辺の近隣住民及び施設への配慮。


・引き渡し後の施主及び入居者へのアフターフォロー。


などなど


労働時間、休日について


労働時間に関しては朝は8時又は9時から始業開始し17時、18時が終業の会社が多いです。


休日は各々の会社により異なります。


土曜日、日曜日休みの会社もあれば、火曜日、水曜日休みの所もあります。


ちなみに筆者が入社した会社は最初は土曜日、日曜日休みでしたが数年後から水曜日、日曜日休みになりました。


定休日については個人住宅の施工管理は平日、アパートやマンション関係だと土曜日、日曜日休みというイメージですね。


ですが、上記の労働時間内でかつしっかりと休日をとれている人は少ないと思います。


正直、筆者は無理でした・・・。


現場の職人さんは朝8時から17時又は18時まで、定休日は日曜日のみの会社が多いです。


朝は8時から現場朝礼があるため、8時前に準備する。日中は現場での業務が多いため、夕方又は夜から事務作業。


現場のトラブルがあれば休日関係なく現場対応。個人住宅の場合、施主さんの土曜日、日曜日休みの方が多いので打ち合わせは必然的に週末。


ここまで読んで頂けると皆さんうすうす気づくと思いますが、


はっきり言ってきついです。


現場監督として働いて良かった点


仕事内容はとても大変だと言うことが理解できたかと思います。しかし、大変な事ばかりではありません。筆者が現場監督として働いて良かったと思えた事についてお話します。


・施工物件を完成させたときの達成感


様々な打ち合わせ、段取り(場合によってはトラブル)を経て無事完成したときの達成感は本当に感慨深いものがあります。


又、自分が手掛けたものが長年その場に残る訳ですから誇らしく感じると思います。


・施主さんに感謝される


個人住宅施工の場合が多いと思いますが、施主さんに感謝されたときです。


お礼を言われたときは、本当にやっていて良かったと感じました。


筆者自身、何度も辞めようと思いましたがお礼を言われるたびに「もう少し頑張ろう」とモチベーションを上げていたような気がします。


・多くの人とコミュニケーションがとれる


建設現場には多くの作業員が出入りします。最初は仕事だけの話しかしていなかったのが次第にプライベートな話をする間柄に・・・なんてことも多々あります。


ときには飲みに誘ってくれる職人さんもいます。多くの人とコミュニケーションを取りたい!という人にはうってつけではないでしょうか?


最後に


今回は現場監督の仕事内容についてお話しました。


改めて言いますが現場監督の仕事はきついです!


ですが、自分が手掛けた物件が完成したときの達成感は言葉では言い表せないものがあります。


これから現場監督として働いてみたいと考えている方々の参考になれば幸いです。