すがブログ

自分の書きたいことをひたすら書いてます。

犬の多頭飼いのメリット デメリットは?

犬ってほんとうに可愛いですよね(*´ω`*)


筆者自身キャバリア4匹に囲まれて幸せな毎日を過ごしております。


犬に囲まれた生活をしてみたい!!


そう思われる方もいるかと思います。


そこで今回は


筆者自身が感じた


犬の多頭飼いのメリットとデメリット


についてお話します。


f:id:sugariku:20181215151644j:plain

メリット

先住犬のしつけがしっかりしていると次に迎え入れる犬のしつけが楽になる。


迎え入れたばかりの犬は環境が一変し、例えばどこでトイレをすれば良いか困惑します。
犬は本能として群れで生活する習性があるので先住犬に習って生活します。
多頭飼いを検討されている方はまず飼っている犬のしつけをしっかり行いましょう。
それだけで次に迎え入れる犬のしつけの負担が少なくなります。

他の犬とも問題なく付き合えるようになる。


普段から他の犬と生活することにより犬慣れ?するせいか散歩中他の犬を見かけても吠えることが無くなりました。

留守番をしているときに安心感がある。


犬を飼っている人ならあるあるだと思いますが、外出中はどうしてもしっかりお留守番出来ているかや寂しくしていないかなど心配すると思います。


2匹以上いれば犬も寂しい気持ちは軽減されているはずなので飼い主自身も多少は安心して外出できると思います。


もちろん帰宅後の犬へのケアは大事です!

犬同士が遊ぶ姿は見てるだけで幸せな気分になる。


多頭飼いしている人の多くがハッピーな気持ちになる瞬間ではないでしょうか?
筆者もまさしくそうです笑
犬同士がじゃれあっているのを見ると自然と笑顔になります。


デメリット

先住犬のしつけがされていないと次に迎え入れる犬のしつけが大変。


これはメリットでお話した内容と真逆の内容ですね。
犬は本能として群れで生活する習性があるので先住犬に習って生活します。
先住犬のしつけがされていない状態で新しく犬を迎え入れると飼い主の負担が増加します。

飼い主の経済的負担増


エサ代、動物病院での治療費等1匹より確実に負担が増えます。

犬に費やす時間が増える。


経済的負担が増えるのと同様に散歩の準備やトイレの片づけ、動物病院での受診等、犬に費やす時間が増えます。


最後に


今回は犬の多頭飼いのメリット デメリットについてお話ししました。


先住犬のしつけが出来ており、経済的にも支障が無い方であれば多頭飼いしても問題ないと思います。


筆者自身、知人や散歩していると近所の人に「大変でしょ~?」と声をかけられることが多々あります。


大変ではないと言えば嘘になりますが、それ以上に幸せを感じることが多く、リターンのほうが圧倒的に多いです。


これから多頭飼いをしようとしている方は先住犬のしつけをしっかりと行い、経済面についてしっかりと検討するようにしましょう。