すがブログ

自分の書きたいことをひたすら書いてます。

犬の混合ワクチン接種 間隔は?

犬と一緒に生活していくうえで必ず直面する混合ワクチン接種


筆者自身も犬を飼っているため、毎年接種の検討をしています。


愛犬のことが好きすぎて注射されたときに「キャンッ!!」と鳴かれると心の中でごめんねと思い、涙目になってしまいます・・・。


・・・余談はこのぐらいにして本題に入ります


f:id:sugariku:20211004230043j:plain


まず、混合ワクチンは狂犬病のワクチンとは異なり、任意となっており強制ではありません。


世界小動物獣医師会(WSAVA)では主要な3種のワクチンの再接種は3年以上間隔をあけるようにすべきと示しています。


ですが、トリミングサロンやドッグラン、ペットホテルでは、利用前1年以内に混合ワクチンを接種した証明書の提示を求める場所も多くあります。


今の話を聞くと


じゃあ結局、犬の混合ワクチン接種の間隔はどうしたら良いの?


と疑問を持つ人がほとんどかと思います。


筆者自身もそう思います笑


そこで筆者が辿り着いた答えは


・1年以内のワクチン接種証明書の提示を求められる施設を利用している方は毎年ワクチン接種を行う。


注:抗体検査で十分な抗体があることを証明出来ればワクチン接種不要の施設もあるようなので事前に確認を行う。


・上記施設等を利用するがワクチン接種証明を求められない、上記施設を利用しない方は3年毎に混合ワクチン接種を行う。


・愛犬に抗体があるか心配な人は抗体検査を受けるか毎年検討する。


なぜ3年以上間隔を空ける必要があるのか


WSAVAの最近の研究で主要3種(コアワクチン)のほとんどは、幼犬時に適切にワクチン接種を行った犬であれば3年間有効という結論が出ています。


これは個人的見解ではありますが、ワクチンを打つことによる副作用の発生頻度軽減にも繋がると思います。


人間にも言えることではありますがワクチン接種時に副作用が100%発生しないとは言えません。症状が軽いものから重いものだとアナフィラキシーショックの疑いなど様々な症状が考えられます。


実際筆者の犬も軽度ではありますが副作用による嘔吐がありました。


その為、接種のメリットとデメリットを照らし合わせて検討することが大事です。


最後に


今回は犬の混合ワクチンについてお話しました。接種することはもちろん大事ですが、メリット、デメリットを把握し


・毎年接種すべきか。


・抗体検査を行い、不要であれば無理に接種しない。


等の検討が必要です。



狂犬病、フィラリアについて知りたい方はこちらのページをご覧ください

www.suga-rymt.com
www.suga-rymt.com